アメーバピグというゲームを考える

アメーバピグというゲーム

画像

サイバーエイジェントが2009年にリリースした仮想空間アメーバピグ。最近では他の仮想空間やスマホで遊べるゲームなどもリリースしていますが、革命的なことを起こしたのはアメーバピグでしょう。

最近は行き詰まり感もあるのですが、過去と未来をここらへんで検証していきたいと思います。
当初、サイバーエイジェントは無料ブログのアメブロの躍進を続けていました。芸能人のブログを誘致して、そのシェアを拡大しつづけていました。
そこで登場したのが、アメーバピグ。それまでも仮想空間を作っていた会社は数社ありましたが、どこも泣かず飛ばず(飛べない)の状況。
アメーバピグに火をつけたのは、当初盛り上がりを見せていたAKB48の広場を作り、衣装やアイテムを作ったことでしょう。これはブログを運営しているノウハウを活かしたものだったんだと思います。
そして、何よりも女性を取り込むのが上手かった!ブログの文化も女性の取り込みが上手かったと思うのですが、女性が楽しめるような着せ替えが出来るようにしたアバターもピグを躍進させた一因でしょう。
今でもアメーバピグに行ってみると、女性の人数が多い!それに群がるように男性が登録しているのでしょう。コンテンツ自体は今でも女性向けにほとんどが出来ているように思います。
最近不思議に思ったのは、ガールフレンド(仮)のリリースがボーイフレンド(仮)より早かったこと。今までのサイバーエイジェントでは女性を取り込んでから、男性へ・・・。っと言った感じだったのが、あれは逆でしたね。
男性から取りこみ方針に変わったのでしょうか?
話しはピグに戻って・・・。女性を取り込むために、かわいい着せ替え人形をほぼ無料に近い金額で小額でも遊べるよ。っと誘った感じですね。子供の頃遊んだ里佳ちゃん人形やバービー人形でしょうか?そして、お部屋をデコレーション。これもお人形さんごっこですね。かわいい服を着せて、他の人に見てもらう。会話をしなくても、その姿を披露する場所があるだけで女性の心理は変わるのでしょうね。
リリース当初はアイテムも少なく、アメで交換出来るブロックを駆使して、部屋を作りあげていました。部屋の広さも今の一番最初のサイズのみだったので、限られた空間の中でどれだけ高い建物を作るか・・・。試行錯誤しながら、みんなが遊んでいました。
2009年にリリースされたマインクラフトがいまだに人気なのと一緒のことのような気がしますね。(最近のアメーバピグは創作意欲を減らす方向だと思いますが)
同時期にリリースされたゲームが別方向へ進んでいると言った感じなので、比較としてマインクラフトもこれから取りあげていこうと思います。
そして・・・あくまでもこのサイトはアメーバピグで楽しませてもらっている筆者が、感謝と今後を考えての勝手な発言なので、抗議・反論にはお答えいたしませんw